読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マインドと社会

マインドと社会のインタラクションについて、科学技術や経済の変化を統合させながら考察します。

人工知能とその行く末と


人間は終わるんですよ、その中で生きていくしかない:日経ビジネスオンライン

 

あらためて、川上さんすごいなと思う記事でした。

ぼくは、これからの事業において、人工知能は欠かせないと思います。というよりは、人工知能がこれまでの組織形態や職業など、多くの部分を塗り替えていくと思います。

労働は、取り換え可能な仕事を生み出し、またその多くが、日々の変動への対応ですこれは、「経済原論」という経済学の教科書にも載っています。このことを考えると、その変動に耐えられるかつ高速に情報処理できれば、コンピュータで代替可能です。そして、人工知能はこれを達成します。

IOT等でもますますデータ化が進んでいくことを考えると、人間に残るのはいったい何なのでしょうか?

ただ、これが労働からの開放とその先の人間の力の発露を願うばかりです。

 

 

経済原論―基礎と演習

経済原論―基礎と演習